スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|SONYウェアラブル端末ライフ

スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|SONYウェアラブル端末ライフ マナーモード設定

スマートウォッチ2(SW2)アプリ活用例。本日はスマートウォッチからマナーモードなどの設定をやってみます。

遠隔操作でスマホをマナーモードに

スマートウォッチ2は、スマホからの通知などを受け取るだけでなく、スマホを遠隔操作することもできます。

大事な会議が始まったときに、「しまった!スマホをマナーモードにするのを忘れてた!」なんてことはよくあります。

会議が始まっているのにスマホを取り出して操作するのは周りの目が気になるし、かといってそのままマナーモードにせずに着信音が鳴ってしまったら周りに迷惑がかかるし・・・。

そんな困った状況で威力を発揮してくれるのがスマートウォッチ2です。

スマートウォッチ2から遠隔操作でスマホのモード変更をすれば、周りの目を気にすることなく安心してマナーモードの設定ができます。

メールやスケジュールの通知を受ける以外にも、アプリの追加によって非常に便利に使えるのがスマートウォッチ2のすばらしいところです。

では、早速そのやり方を紹介します。

モードチェンジャーアプリをインストールする

スマホのモード設定を遠隔操作するには、モードチェンジャーアプリをインストールする必要があります。

アプリのインストール方法については、スマートウォッチの使い方で紹介していますので、ここでは省略します。

アプリケーションの検索から、「モードチェンジャー」のキーワードで検索すると出てきますので、適宜インストールしてください。

モードチェンジャーを起動する

モードチェンジャーをインストールすると、スマートウォッチ2のホーム画面にモードチェンジャーのアイコンが表示されます。

スマートウォッチ2のモードチェンジャーアプリのアイコン

ホーム画面には、初期設定では使用頻度の高いアプリから順番に6つ表示されますので、インストールしたばかりのときは一番最後に表示されている場合があります。

ホーム画面にアイコンが見当たらない場合は、アイコンが現れるまで画面を左にスワイプしてください。

アイコンをタップするとモードチェンジャーが起動し、次のような画面になります。

スマートウォッチ2のモードチェンジャーアプリの画面

ここでは「NORMAL」が表示されていますが、スマホ本体の状態によってここの表示は変わります。

スマホの着信モードを変更する

それでは、実際にスマホの着信モードを変更してみましょう。

操作方法はとっても簡単で、画面を左右にスワイプするだけです。

スワイプするごとに、NORMAL(着信音を鳴らす)、VIBRATE(バイブのみ)、SILENT(無音、バイブ無し)に瞬時に切り替わります。

スマートウォッチ2でマナーモードやサイレントモードへの切り替え方法

これで、スマホを直接触ることなくモード切替が行えますので、前述のように会議中などで周りの目が気になる状況でも困ることがありません。

スマホを取り出すことなく、手元で瞬時にモード切替ができるというのは、非常に便利です。

動作確認方法

スマートウォッチ2でモード切替の操作をしても、見かけ上は何の変化もないので、本当に切り替わっているのか?と不安になる人もいるかもしれませんので、動作確認の方法も紹介しておきます。

方法は簡単で、下の写真のようにホーム画面にモード切替のウィジェットを配置するだけです。

スマートウォッチ2で音設定モード切り替えの動作確認方法

ウィジェットの配置は、ホーム画面をロングタップ→ウィジェットをタップ→ツールをタップ→音設定をタップでできます。

この画面を表示させたままスマートウォッチ2のモードチェンジャーを操作すると、リアルタイムでウィジェットの表示が切り替わり、うまく動作していることがわかります。

なお、動作確認が終わりウィジェットが不要になった場合は、ウィジェットをロングタップして、そのまま下に表示されるゴミ箱までスライドさせればOKです。

とても単純なアプリですが、使用頻度は高く、特にXperia Z Ultraのような大きなサイズのスマホの場合には非常に助かります。