スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|SONYウェアラブル端末ライフ

スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|SONYウェアラブル端末ライフ スマホの通知を転送する

スマートウォッチ2(SW2)アプリ活用例。本日はスマートウォッチでスマホの通知を受け取る方法を紹介します。

スマートウォッチで通知を受け取れる

スマートウォッチ2の一番便利な機能は、やはりスマートフォンの通知受け取ることができるという機能でしょう。

スマートウォッチ2に通知を転送して受け取っている画面

スマホをカバンの中やポケットの中に入れておいても、スマートウォッチ2を腕に着けていれば、スマホを取り出すことなく通知を受け取ることができます。

仕事中などで手が離せない場合でも確実に通知を確認することができるため、ビジネスシーンでも大活躍します。

それでは、早速スマホの通知をスマートウォッチ2に転送する方法を紹介します。

通知転送アプリ「Wrist通知」をインストールする

通知転送アプリはいくつかりますが、今回はWrist通知というアプリを使います。

Wrist通知がインストールされている場合、次のようにスマホ側とスマートウォッチ2側で確認できます。

スマートウォッチ2の通知アプリWrist通知のインストール確認

Wrist通知がまだインストールされていない場合は、スマートウォッチの使い方を参考にしてインストールを完了させてください。

スマホの通知が転送される

Wrist通知は、スマホの通知をスマートウォッチ2に転送するアプリなので、インストールすれば特別な設定をしなくてもスマートウォッチ2で通知を受け取ることができるようになります。

基本的には、スマホ最上部の通知エリアに通知があると、それをそのままスマートウォッチ2に転送して表示するという感じになります。

スマートウォッチ2でEメールや電話などの通知を受け取った画面

これで、スマホを取り出さなくても通知が見られるようになりました。

通知があったときには、画面+バイブで知らせてくれます。

アプリの設定画面でフィルターを設定する

スマホの通知を受け取ることはできるようになりましたが、通知の中には、わざわざスマートウォッチ2で受け取る必要のないものもあったりします。

例えば、ウイルスバスターの自動スキャンが完了した通知などは、スマートウォッチ2で確認する必要はないですね。

そこで、アプリの設定画面で通知にフィルターをかけることができるようになっています。

最初はすべての通知を受け取るようになっていますが、一度でも通知を受け取ったことのあるアプリは、設定画面の「排除アプリケーション」の中に追加され、次回から通知を受け取らないように設定することができます。

スマートウォッチ2のWrist通知転送排除アプリケーション設定方法

こちらの写真では、Eメールとカレンダーと電話の通知のみ受け取り、その他のアプリからの通知はスマートウォッチ2には転送されないように設定しています。

ただし、一度も通知を受け取ったことがないアプリに対して排除設定をすることはできません。

スマートウォッチ2に転送された通知を見て、次回からは不要だと思うものに対しては、設定画面の排除アプリケーションにチェックを付けていくという使い方になります。

これで、必要な通知だけを選んでスマートウォッチ2に転送させることができるようになります。

スマホ操作中は転送をストップする

もう一つ重要な設定として、スマホ操作中の転送設定があります。

スマホを操作しているときは、当然スマホの画面で通知を確認できるわけですから、特にスマートウォッチ2に転送する必要はないですね。

設定画面の「スクリーンONで不通知」にチェックを入れておけば、スマホのスクリーンが消えているときだけ転送をしてくれるようになりますので、通常はこの設定にしておくことをおすすめします。

スマートウォッチ2でメール本文を読むには別のアプリが必要

スマートウォッチ2で一番やりたいことといえば、スマートウォッチ2の画面でメール本文を読むことだと思いますが、このアプリでは通知を受け取ることしかできず、メール本文を読むには別のアプリが必要になり、特にキャリアメールを転送するには少し複雑な設定が必要になりますので、それはまた別途紹介したいと思います。