スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|SONYウェアラブル端末ライフ

スマートウォッチ2(SW2)|SmartWatch2|SONYウェアラブル端末ライフ スマートウォッチ2のメリット

スマートウォッチ2のどこが便利なのか、そのメリットをわかりやすく紹介します。

スマートウォッチ2のメリット

スマートウォッチ2の最大のメリットは、ウェアラブル端末であるということ、つまり、常に身に着けていられるということです。

メールもカレンダー通知も即キャッチできる

ウェアラブル端末であることで、いつどんな状況でもメールやカレンダーのスケジュール通知などを見逃さずにキャッチすることができます。

スマートウォッチ2のEメール受信通知

例えば、仕事中やスポーツ中など、スマホを手にすることが難しい状況であっても、腕時計として身に着けておくことができるスマートウォッチがあれば、スマホからの通知を受け取ったり、逆にスマホを遠隔操作することだってできるのです。

スマホの節電にも

また、メールや電話の着信などをスマートウォッチでチェックすることにより、スマホを操作する頻度が減るため、スマホの節電にもなります。

スマホのWi-Fiや音量の設定などを操作できるアプリなどもあり、うまく活用することでスマホのバッテリーを長持ちさせることもできます。

使い方は無限大

スマートウォッチ2のすばらしいところは、アプリを追加していくことで使い方が無限大に広がるということです。

プリインストールされているアプリは、時計機能のほかに、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、フラッシュライトなどですが、スマホとペアリングすることで、スマホからアプリをダウンロードして追加していくことができます。

スマホの中の画像を見たり、音楽を聴いたり、様々な通知を受け取ったり、スマホの電池残量を確認できたりと、SONYの公式アプリのほかにも多くのアプリがGooglePlayで無料配布されています。

スマートウォッチ2に追加できるアプリ

これらのアプリを目的に応じてインストールしていくことで、スマホを取り出さずにスマートウォッチのみでできることがどんどん増えていきます。

例えば、Bluetooth対応のヘッドセットやカーナビなどと連携すれば、スマホを取り出すことなく、着信履歴から電話をかけて通話するといったことも可能になります。

ただし、スマートウォッチ2本体にはマイクやスピーカーが装備されていないので、スマートウォッチ単体では発着信のみしかできず、通話はスマホ本体かヘッドセットやカーナビなどを通して行うことになりますので、注意が必要です。

なお、着信に対して定型文を送信して対応するということなら、スマートウォッチ2のみでも可能です。

また、スマホの中の音楽をスマートウォッチ2から再生・停止したり、ボリュームをコントロールしたりといったこともできるようになります。